<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年は、
主人が毎週のように出張だったのですが、
(週末は家に帰れるスケジュールです)

やっと一段楽して
今年はもう出張がないとのこと・・・

少しほっとしています。



主人の出張が続くと、
仕事と花(娘・5歳)の世話で
特に午後からはばたばた・・・
1日が・・と言うより、1週間が
本当にあっという間に過ぎていきます。


今週は主人がずっといてくれたので、
花のお風呂と寝かしつけも手伝ってくれ、
日本人学校と現地校の宿題も
現地校の宿題は、主人も手伝ってくれたので
かなり時間に、そして気持ちに余裕ができました。


ランチも、ふだんあまり会えないからと
今週は、一緒にランチに
出かけるように心がけ、
色々な話もできました。


そして
私が月曜日に親知らずを抜いて、
少しダウンしていたので、
そのためにも、いてくれて心強かったです。


出張続きのときは、
私も気を張っていて、

「主人がいなくてもへっちゃら!」

なんて思っていたけれど、

久しぶりに平日もいてくれると
そのありがたさを実感します。


けんかをすると、
「どうしてこんな人と
結婚しちゃったんだろう?」と
思うこともありますが、(苦笑)

なんだかんだいいながら、
17年もの間、一緒に過ごしてきて、
やっぱりかけがえのない存在だなと

改めて感じています。(爆)



来年からは、また出張続きとの事、
残り少ない2016年、
主人が平日も家にいてくれる
当たり前でない、この普通のひと時を
家族で楽しもうと思います。
[PR]
by hana20110321 | 2016-11-18 17:07 | 家族
昨日、三重県鈴鹿市の幼稚園&小学校の給食が
2日間休止になったのを取りやめた・・と言う
ニュースを見ました。

(実は、鈴鹿市出身の私。
鈴鹿市長の末松則子さん(のりちゃん)は、
小学校から高校まで
仲が良かった友達なので、
余計に注目してニュースを見てました。)



そこで、アメリカと日本の違いを
少しご紹介です。


アメリカは州によっても方針が違うのですが、

一般的には、
お弁当または
民間企業が支給する給食の
いずれかを選べます。

市が予算を決めて
全員が決まって給食・・と言う
日本のような制度ではない事や、
アメリカは日本ほど栄養バランスを
重視していないかと思われるので、

野菜価格の高騰などの場合は、
給食の内容が変わるか(質が落ちるか)、
給食費が変わる(高くなる)事に
なるようです。


花は給食を買うのが嫌いらしく、
まだ頼んだことがないのですが、
花の学校の給食の見本を見ると、
レストランのお子様ランチのような内容で、
栄養バランスも取れていて、
1食500円ほどになります。


通常は、子供達それぞれの給食用アカウントに
親が事前にお金を振り込み、
給食を食べた日ごとに、そのアカウントから
500円が引き落とされ、
お金が事前に振り込まれていないと、
基本的に、給食を買うことができません。


また、給食ではないのですが、
アメリカの学校も、
予算が厳しいと言われますが、
その補いは、寄付金や保護者のボランティアで
まかなわれてます。


親や地元の企業からの
寄付は当たり前で、
公立のため、
授業料は基本的に無料ですが、
本当によく寄付金の案内が来ます。


また、学校のボランティアとして、
親が参加することも当たり前で、
花の学校では、1家族1年間に30時間の
ボランティアが義務付けられています。


ボランティアは主に、先生の補助で、
教室に入り、
先生のアシスタントの役目をします。


補助教員を雇う費用の代わりに、
親がボランティアで参加するので、
学校には、沢山の保護者が始終いるんですよ。


総体的に、
何がいい、悪いかは分からないんですが、
私は自営をさせてもらっていて、
時間の調整ができるので、
このボランティア制度はなかなかいいなと
思っています。


花のクラスは、17人で
先生とボランティア1人がいるので、
なかなか目も行き届きます。


また、親としては、
子供達の学校での様子もよく分かるし、
親が学校生活に参加するのは、
親も学校を一緒に盛り上げているようで、
学校に親しみがもてます。


親がボランティアで
先生のアシスタント?
寄付金?

と、

日本とアメリカの学校制度の違いに
色々戸惑うこともありますが、
花の学校生活を通して、
少しずつアメリカの制度を学んでいます。

これからも、
私からの視点になりますが、
アメリカの学校の様子を
この場で時々お伝えしたいと思いますので、
楽しみに(?)していてください。
[PR]
by hana20110321 | 2016-11-17 17:06 | 花の学校
アメリカの大統領選挙が終わりました。


私は日本国籍なので、
投票券がなく、
いつも蚊帳の外なのですが、

今回の選挙の当日は、
普段あまり見ないテレビをつけて、
投票結果を見ていました。


今回は、少し(かなり?)醜い戦いでしたが、

大統領が決まった後の、

トランプ氏、ヒラリーさん、
そしてオバマ大統領の

それぞれの演説は、
どれも刺激になるメッセージで、
予想以上に感動しました。



今から4年前の父の日、
ロサンゼルスに住んでいた私達は、
父の日に、家から近くにあった
トランプ氏が経営するゴルフ場の
レストランへ、ランチへ出かけ、
ゴルフをしにきたトランプさんに遭遇しました。


その頃から、
不動産王として有名だった彼ですが、
まさか未来の大統領だったとは・・・



これからアメリカがどんな風に変わるのか
想像も付かないですが、
夢と希望が持て、人が人に優しく、
自由の国であり続けることを願います。
[PR]
by hana20110321 | 2016-11-11 17:05 | その他
先週の土曜日は、
花(娘・5歳)の日本人学校での
運動会でした。


アメリカでは、運動会がないので、
この日をずっと楽しみにしていた私。


花は、紅白に分かれて、
玉入れや、綱引き、
そして徒競争と障害物競走に
参加しました。

こういう勝ち負けのレースに出るのは
生まれて初めての花、

徒競走では、周りのみんなに差をつけて
1位だったにもかかわらず、
ゴール寸前で、周りのみんなを待つように
みんなが来ているのを確認してから、
ゴールするという、
ぎりぎりの1位。

障害物競走では、
網をくぐるところで、
髪の毛のピン止めが
網に引っかかって取れてしまい、

網をくぐった後に、
ピンがないことに気づいた花は、
ゆっくり網へ戻って、
担当の人に、
「ピン止めがなくなったの・・」と言って
みんなにピン止めを探してもらってから
レースを続け、最下位。


花らしい可愛い運動会でした♪


私もクラスのカメラ係りをさせてもらい、
主人も保護者対抗の綱引きに参加。


家族みんなで参加して、
楽しい思い出になりました。


ラジオ体操や
全校生徒揃ってソーラン節を踊ったり、
こうやって、花にも、そして主人にも
私が小さい頃に経験した運動会を
アメリカにいながら、
実際に体験してもらうことができて、
涙が出そうに嬉しかったです。



運動会の後は、ものすごく疲れて
翌日は快復に時間がかかりましたが、(私だけ)
久々にとっても心地よい疲労感でした。
[PR]
by hana20110321 | 2016-11-08 17:04 | 花の学校
この間お客様からも
お問い合わせをいただいたのですが
きっと他にもルトップやラビットムーンの
入荷をお待ちいただいているお客様が
いらっしゃるかも?と思い、
ここでご連絡させていただきますね。


実は、BabyBoomでも沢山のお客様から
ご好評をいただいていました、
ラビットムーンとルトップは、
只今生産が中止されていて、
新商品の販売がありません。


ラビットムーンとルトップは
姉妹ブランドで、
親会社が同じだったのですが、
代表者が引退されたこともあり、
今後、今までのように
生産が再開されるかどうかは
現在未定となっています。


また、同じくBabyBoomで
大好評をいただいていました、
Corky&Coは、
会社がクローズしてしまい
今後の入荷はありません・・・


と、ちょっと寂しいお知らせになってしまいました。


世界の経済状況も変わり、
14年子供服の販売を続けさせていただいて、
最近特に、大きな変化を感じています。


でもでも、毎日必要な子供服に、
可愛い彩や、
動きやすい心地良さは、
今も昔も
やっぱり心をワクワクさせてくれます♪


これからも、可愛い子供服を探し続け、
できるだけお値打ちに、
地球の裏側のフロリダから、
日本にはないカラフルでキュートな子供服を
いっぱいいっぱい愛情を込めて、
沢山ご紹介させて頂きますので
どうぞよろしくお願いします♪
[PR]
by hana20110321 | 2016-11-04 17:03 | BabyBoom