カテゴリ:花の学校( 31 )

先週の土曜日は、
花(娘・6歳)が通う、日本人学校での
運動会でした。

運動会の1週間前に、担任の先生に呼ばれて、
「花ちゃんに、開会式のときに、
優勝カップの返還をしてもらおうと思うんだけど、
できるかしら?」と聞かれ、

「だ、大丈夫と思います・・・」と
不安げに返事をした私。

嫌な事は嫌と、はっきり断る性格の花に、
恐る恐る「できる?」と聞いてみると、

「うん」 と不安げに一言・・・


それからプレッシャーを掛けすぎない程度に、
軽く練習をしました。

運動会の前日ベッドに入って電気を消すと
急に・・・

「ママ、電気つけていい? 見せたいものがあるから・・」

と言う花。

普段なら、「何言ってるの?遅いから寝なさい」と言って、
電気はつけないのですが、
花の声があまりにも誠実だったので、
「いいよ・・」と電気をつけることに・・

すると、ベットから起きて、
優勝カップ返還の練習をしだし、
私に確認して欲しいと言うのです。

あ~~~~、花なりに緊張してたんだな~と思い、
頑張って練習する花が、
とってもけな気で可愛かったです。

当日も、私がお弁当の用意をしている間、
朝から一人で練習していました。

そして、本番・・・

練習の時とは、距離感も違い、
全校生徒と保護者の前で、私がかなり緊張してしまいましたが、
問題なく終えることが出来ました。(ほっ)

先生からも
「完璧でした~」と褒めていただき、
その後は楽しく運動会を満喫することができました。


1年半前の幼稚部の入学式では
ママから離れたくないと、号泣だった花・・


成長しました。(笑)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
[PR]
by hana20110321 | 2017-11-10 02:35 | 花の学校
今週の月曜日から、アメリカは一足早く学校が始まり、
通常の生活を送っている我が家です。

花(娘・6歳)の新しい担任の先生は、
ザパタ先生と言う女性の先生、
2人のお子さんがいる、
40代前半ぐらいの女性です。

昨日花を朝学校へ送って行ったら、
とっても微笑ましい光景を見ることができました。


朝、生徒たちが教室の前で
並んで教室が開くのを待っています。


教室の準備をして、
ドアを開けたザパタ先生は、
言葉を交わしながら、
1人1人に大きなハグをして、
生徒を迎え入れるのです。


以前何かの記事で、
アメリカのある学校の先生が、
子供たちを毎朝ハグをして、
迎え入れることで、
いじめや非行の数が激減したと言う
ニュースを見たことがありました。


子供たちは、毎朝愛情を感じて
受け入れられているという言う、
気持ちになる効果が大きいからだとか・・


勉強を上手に教えてくれる先生も
とっても嬉しいのですが、
こんな風に愛情表現を毎朝示してくれる先生って
最高だなあと、
そんな光景を見ながら
ウルウルしていた私です。




--------------------------------------


今週もあと少し。


お盆休み明け、
ゆっくりできましたでしょうか?

お好きなドリンクを飲んでの
ほっと一息も忘れずに・・


Have a Happy Weekend!


[PR]
by hana20110321 | 2017-08-24 20:35 | 花の学校
花(娘・6歳)の夏休みが始まりました!


10週間と言う、長い長い夏休みなので、
ほとんどの子供達は、色々な体験ができる、
サマープログラムに参加します。



花は、ジムナスティック(体操)の
サマープログラムに通わせる予定だったのですが、

近くの教会で1週間だけ行われる、
とっても人気のサマープログラムに
キャンセル待ちに空きが出て、
行くことができたので、


今週だけ、
午前は、教会のサマープログラム、
午後は、ジムナスティック(体操)の
サマープログラムを掛け持ちし、

夜はクタクタになって、
ご飯とお風呂の後、すぐにノックアウトしています。


どちらも新しい経験で、
とっても楽しいみたいで、
ニコニコ笑顔で、その日の話をしてくれます!


学校での勉強がない、
このリラックスした夏の間に、
この時しか吸収できない、色々な事を吸収して、
花らしく成長してくれたらいいなと
願っています!



そして・・・

やはり、学校がないからか、
なんだか私もリラックスして、
毎日ワクワクしています。


あれもしたい、これもしたいと
大人でも毎日がこんなに楽しいんだと、
自分に少し驚いています・・・(笑)


[PR]
by hana20110321 | 2017-06-14 20:50 | 花の学校
昨日は、花(娘・6歳)の
アワナクラブと言う、聖句(聖書の言葉)を
暗記するクラブ(学校)の
セレモニー(終了式)でした。


ドレスを着て、
少しかかとの高いシューズを履いて、
嬉しそうに出席した花です。


1年間、毎週月曜日の夜に行われていた学校ですが、

単語もまだまだ分からない
難しい聖書を暗記するのは、
花には早いんじゃないかな?

そして、現地校と日本人学校の宿題もあったりで、

何度も辞めようかと考えたのですが、
周りの友達から何度も助けてもらって、
無事になんとか終了することができました。


今日、賞状をもらい、誇らしげに舞台の上を
歩いている花を見て、
「終了できてよかった」と
ほっとしました。(笑)


さまざまな意見が飛び交い、
何が正しくて、何が間違っているのか
迷うことが多いこの世の中で、

いつか、今花の心に蒔いている種が、
きちんと実りますように・・

(周りの意見に流されず、
本当に正しいことをきちんと自分で判断して、
人に優しく、幸せに生きていけますように・・)


と、それがとっても難しいのですが・・


そうなることを願いながら、
また来年度も続けることになりました。

[PR]
by hana20110321 | 2017-05-22 20:10 | 花の学校
今日は花(娘・6歳)の
アフタースクール(学童保育)の
母の日のイベントでした。

アフタースクール(学童)での
短い時間での練習だし、
そんなに大したことはないのだろうと、

あまり期待をせずに
軽い気持ちで行ったのですが、

「ワールドトラベル」(世界旅行)と
タイトルがついた
母の日のショーは、
私の予想を遥かに超えるものでした!


インド、ギリシャ、
アイルランドにカリビアンなど、
色々な国の踊りを、各国の手作りの
民族衣装をまとい、
子供達がグループに分かれて順番に披露し、

花のグループは、
アフリカの衣装を着て、
音楽にあわせて、
メキシコとアフリカの
2種類のダンスを披露してくれました。


各国のダンスの後は、
アメリカのカリフォルニア、
ニューヨーク、ニューオリンズなど
ポップス、フォーク、
そして、ジャズやヒップホップ、ラップなどなど、
アメリカの各地域の有名な音楽に合わせて、
他のグループの子供達が、
一生懸命に踊ってくれました。


がんばっている子供達の姿を見たからか、
世界を旅しているような
素敵な感覚に陥ったからか、
「ウェイビンフラッグ」の音楽に合わせて、
各国の国旗を持った、
子供達全員が登場してきた
フィナーレでは、涙があふれ出てきました。


そして、一生懸命ダンスを踊る子供達や、
こんな素敵な演出を考えてくれた
先生方に囲まれて
花が学校生活を送っていると思うと、
とっても誇らしく、
嬉しい気持ちになりました。


暗いニュースも多いアメリカですが、
「アメリカってまだまだ夢がいっぱいあるな~」
そう思えた時間でもありました。


日本でも、アメリカでも、
世界中の子供達が、夢を持って
元気に羽ばたいていけますように・・・


そんな風に願いたくなる、
心が大きくなった時間でした。
[PR]
by hana20110321 | 2017-05-12 10:02 | 花の学校
花(娘・6歳)の日本人学校の1年生が
先週から始まりました!


1クラスしかないので、
今までのクラスメートは
変わらないのですが、
先生が変わりました!


日本人学校で一番厳しいと言われる先生で、
でもその分、
愛情がいっぱいと聞いていたので、
楽しみにしていました!


そして、入学式の後、
普通に授業を終え、
その後は保護者と先生の
懇談会でした。

その際に、先生が言われた言葉が、

「レベルが低すぎます!」

保護者の私達は、
背筋がピンとなる思いでした。(汗)


普通は、日本からお父さんの仕事の関係で
フロリダに引っ越してきた(駐在員のお子さん)、
日本語がぺらぺらの子供達も
クラスに混ざっていて、
アメリカ生まれの子供達と
上手に馴染んで、日本語の上達に
相乗効果があるのですが、

花のクラスには、
アメリカ育ちの子供達しか
いないので、引っ張っていってくれる
日本語ぺらぺらの子供達がいないのです・・(涙)



先生が、
「このままでは3月が大変なことになります。」
「2年生の勉強についていけません!」


と言うことで、

今年は今までより厳しく指導し、
今年の後期から行う予定の作文やスピーチも
前期からガンガンはじめる
と言うことになりました!


そんな中、
クラスペアレント(クラスのお世話係)担当の私。

今年は、保護者のみんなと一緒に、
熱い1年になりそうです!(爆)
[PR]
by hana20110321 | 2017-04-11 22:15 | 花の学校
人種の坩堝・・と言われるアメリカですが、
花(娘・6歳)のクラスも
国際色豊かです。


去年の8月から行き始めた幼稚園では、
花と一番仲がよかった女の子は、
インド人のエビアちゃんでした。


少しおとなしい、
目鼻立ちの綺麗な
優しい女の子でした。


トランプさんが大統領になり、
ビザの関係で、自国に帰る人達が
増えたのですが、
エビアちゃんの家族も、
数ヶ月前インドへ帰ってしまいました。


「エビアにあえなくて寂しい・・」

「エビアが必ず
また会いに来てくれるって言ったのに
まだ来てくれないの・・」

そんな事を時々言う花。


昨日は主人と一緒に、
インドからアメリカへ渡ることが
どんなに難しいかを地図を見ながら、
花に説明しました。


そして、夜担任の先生に
花があまりにも連絡を取りたがっているので、
エビアちゃんの
お母さんの連絡先を教えてくれないかと
お願いしてみました・・


寂しがっている花を見ていると、
切なくなってしまうのですが、
6歳で、そんな風に思える友達に出会えた花は、
ある意味、幸せだな~とも思えました。


スカイプで花とエビアちゃんが
これからどんどん話せるといいな~と、
心から願っている母です。
[PR]
by hana20110321 | 2017-04-05 11:33 | 花の学校
アメリカでは、子供のお誕生日に、
学校でのランチタイムに、
親が、カップケーキやドーナツを持っていき、
クラスメートと一緒に、
子供のお誕生日を
お祝いしたりします。



花(娘・6歳)のお誕生日と
花のお友達ビビアンのお誕生日が
1日違いだったので、
ビビアンのお母さんと一緒に、
ドーナツとジュースを持って行き、
クラスメートのみんなと一緒に
学校のカフェテリアでお祝いをしました♪


無邪気な子供達の笑顔と、
クラウン(お誕生日用の冠)をかぶって、
とっても嬉しそうな、
花とビビアンの顔が印象的でした。


そうそう、アメリカは、
ランチは教室とは違い、
生徒が学年ごとに入れ替わりながら、
学校内の大きなカフェテリアで
お弁当を持参したり、
その場でランチを注文したりして、
食べます。


なので、ランチを食べる時間は
学年ごとに違ったりするんですよ!


水曜日はなんと、
アイスクリームデーと言って、
アイスクリームまで買えるんです!


花のおかげで、
少しずつ体験しているアメリカの学校生活、
戸惑うこともありますが、
これからも花と一緒に楽しんでみようと思います!


[PR]
by hana20110321 | 2017-03-23 11:38 | 花の学校
花(娘・もうすぐ6歳)が
土曜日に日本人学校の幼稚部を
卒業します。


この1年間は、
花にとっても私にとっても
新しい経験がいっぱいで、
楽しい思い出がいっぱいの
1年になりました。


私にとっては、
数々の日本の行事に参加できたことも
そうですが、
新しいママ友ができたことが、
特に大きな変化だった気がします。


日本で、眼科医をしていたママさんや、
看護師さん、アメリカ人を相手に、
オーダーメイドでドレスを作っているママさんに、
なんと、全米の空手チャンピオンだった
ママさんもいるのです。


そんな色々な経験を持つ、
ママ達に出会えたことは、
とても刺激になり、
またみんな「楽しく、やるときはやる!」精神があり、
パーティーなども、いつも盛り上がり、
涙が出るほど笑わせてもらいました。


予算の都合で、
保護者がボランティアとして
関わることも多いのですが、
そのおかげで、他のママさんとも
交流を持つことができ、
大変だと思っていた、土曜日の通学が、
どんどん、楽しみに変わっていました。



各学年、1クラスしかないので、
花のクラスは、
みんなで1年生の同じクラスになり、
また同じママさんと
交流が持てるのも、
来年度の楽しみです。


花のおかげで、
新しい世界を経験させてもらった1年間。

来月から始まる1年生も、
また楽しい日々を過ごせるように、
花と一緒に、がんばりたいと思います。
[PR]
by hana20110321 | 2017-03-17 11:41 | 花の学校
先週は、日本人学校で、
花(娘・もうすぐ6歳)の
ショートスピーチがありました。

人前での初めてスピーチ!

それも、日本語で・・・

私だったら、かなり緊張すると思うのですが、
緊張した様子もなく、
みんなの前で話すことができました。

題材は、「好きなたべもの」

花は、なんと「卵ごはん」を選びました。


日本に行くと、必ずといっていいほど
毎朝食べる「卵ごはん」!

アメリカでは、
普通の卵は生食が禁止されているので、
なかなか卵ご飯を食べることができません。

それもあってか、
花は日本で一番好きな食べ物は、
卵ごはんと毎回話しています。(笑)


少し関西弁(私の三重弁)が混じりながらも、
大きな声で、ゆっくり読むことができて、
無事に終わりました。


普通の幼稚園児と比べると
日本語の会話力は、まだまだですが、
1年前は、
ひらがなの読み書きもできなかったのに、
今では、書けて、文章も考えることができて、
この1年で沢山成長することができました。


子供が、私の国の言葉(日本語)や文化を
覚えてくれるのが、
こんなに嬉しいことだと、
私も沢山感じることができた
素敵な1年になりました!


早いもので、来月はもう卒園式です!(涙)

[PR]
by hana20110321 | 2017-02-22 11:47 | 花の学校